Latest Posts
Archives
取り扱いブランド
DLX SPIT FIRE REAL kr280 ANTI HERO THUNDER KAYO EXPEDITION ONE ORGANIKA STRUSH WHEELS

July 30, 2018

ER MAGAZINE NO.14

いつもお世話になっております。
TIGHTBOOTH PRODUCTIONから発行している「ER」マガジンを
前回に続きHAYASHI TRADINGで販売いたします。

ER_no14_cover600

ER No.14
商品名- ER No.14
判型- 275mm×205mm 無線とじ
総頁数- 132ページ
発売日-2018年8月10日(金)発売
定価-¥600(+tax)

COVER
ISSEI KUMATANI|OLLIE INTO BANK|Photo by MASA

表紙を飾った関西若手トップランカー熊谷一聖のスケーターインタビュー、巻頭22ページにおよぶ現在最前線で活躍する若手スケーター特集、ANTIHEROのイーグルロゴの生みの親トッド・フランシスのアーティストインタビュー、Thrasherの人気コンテンツ「Atlantic Drift」のジェイコブ・ハリス、年齢差20数歳と離れた2人のスケートボーダーに同じ質問を投げかける新コーナーにはジェイソン・アダムスとベン・コップルで比較。LENZⅡでの楽曲提供からその仲を深めていった2人の奇才、KILLER-BONGと上野伸平にNAGAN SERVERを交えて開かれたルーフトップ座談会、ビデオインタビューでは、同時期にリリースが重なったDORCUSとCOLOR COMMUNICATIONS、その他、グラビアページなど読み応えのある一冊です。

Feature
[SOCIAL GENERATION]
SNSの浸透もいよいよ極まりつつあるような昨今。スケートボードのシーンにおいてもそれは全く例外ではない。世界中のスケートトピックがタイムラインを刻一刻と埋め尽くし流れる。毎日のように新たな猛者が出現する。急速で膨大な情報の渦の中で、しっかりと名を刻んでゆく。今とこれからをきっと担う若者たちから目を離すことは出来ない。

INTERVIEW

[SKATER]
ISSEI KUMATANI
adidas skateboarding より発表された ジャパンチームによるクリップ「The Splits」はかねてより高くあった評価をより確固たるものに押し上げた。フットワーク軽く、全国を駆け巡る撮影の日々。関西若手トップランカーの域を超え、いまやその名は全国に轟く。熊谷一聖の現在地。

[ARTIST]
TODD FRANCIS
DLXの設立から4年後にはグラフィックデザイナーとして働いていたTodd Francis。その昔はヴェニスビーチでナタス・カウパスらと共にスケートボードをしていたという。アンタイ・ヒーロー、リアルなどの初期のグラフィックデザインを支え、その時からの仲のでもあるキース・ハフナゲルのブランドHUFの原宿店オープンに合わせての来日の際に話しを聞いてみた。

[CINEMATOGRAPHER]
JACOB HARRIS
Thrasher MagazineのWebで人気コンテンツ「Atlantic Drift」を担当しているロンドン在住のジェイコブ・ハリス。雰囲気のある映像編集や構成で評価の高いISLE Skateboardsの「Vase」を作ったフィルマー。

[BANK TO BANK] 失われた20年
JASON ADAMS×BEN KOPPL
ジェイソン・アダムスとベン・コップル。全く接点の無いようでなんだか近い感じがする年齢差20数歳と離れた2人のスケートボーダーに同じ質問を投げかけてみた。その年代その年代でしか思わない考えなのか、はたまたスケートボーダー特有の感性なのか点と点が線となるようなシンパシーを感じる。

[ROOFTOP CHILLN’]
KILLER-BONG×TIGHTBOOTH
LENZⅡでの楽曲提供からその仲を深めていった2人の奇才、KILLER-BONGと上野伸平。さらに、上野の朋友でもあるNAGAN SERVERを交えて開かれたルーフトップ座談会。スケートボードのことから音楽、デザイン、今季イチオシのコラボアイテムのことまで話は尽きない。ほんの一部だが、彼らの脳内が垣間見えた気がする。

その他のコンテンツ
[PROOF] グラビアページ
[PRODUCT]
[Roll in Paradise] JARHEAD